防災

アウトドアとコーヒーの休日

防災について



防災について


近年は、温暖化の影響などから、

記録的な豪雨など水害が多発しています。


みなさんは、防災について、どのくらい意識をされているでしょうか?

防災グッツを用意したり、耐震対策をしたり・・・・と様々だと思います。

もちろん、そういった用意(準備)も必要ですが、本当に一番大切なことは、

日ごろからの認識や情報収集など、災害等に対する予備知識が重要です。





防災について


河川災害を例にして、予備知識について考えて見ます。

みなさんは、自分が今現在住んでいる場所や周辺について、

どれくらい御存知でしょうか?


水害の原因には、


1.多量の降雨

2.雨を受ける土地の状況(地形、土地利用、堤防、地表の人口改変・・・など)

3.水防体制(水防意識の欠如、土地の水害特性を知らないひとが急増)


特に3の水防体制ですが、被災した場合、避難が遅れたり、

避難する場所が逆に危険な場所であったりと

認識不足により多くの犠牲者が出ている場合があります。


たとえば、

・過去に起こった災害の状況

・護岸が整備された川が近くにある場合、

過去(昔)の河川の状況(どこを流れていたのか)

・今現在住んでいる場所は、過去にどんな場所だったのか

必要な情報は、まだ沢山ありますが、最低限、

自分の住んでいる場所(地区)について、知っておくことで

人的被害を最小限に出来る可能性があります。

散歩などをしながら、土地の状況を把握するとか

年配者の方から、昔話(過去に起きた災害について)などを聞いておくとか

簡単に出来ることから、予備知識を身につけておくことをお勧めします。



ハザードマップについて

ハザードマップを御存知でしょうか?

国や都道府県・市町村など、様々なハザードマップ

を作成し公表・配布しています。

浸水想定区域や避難場所・避難経路など

地図上に沢山の情報が掲載されています

土地の状況や水防体制など十分な情報を得られない

場合でもこういったハザードマップを手元においておくことで

水防などの意識を高める効果が期待できますし、

もし、災害が起こってしまった場合の対処も迅速に行えると思います。

もし、役場などから配布されたら、いつも見える場所(目立つ)において下さい。




近くに、河川や急傾斜地などがあって、

ハザードマップを見たことがない場合は、役場などに

一度問い合わせしてみることすることを、お勧めします。




TOP>アウトドアとコーヒーの休日


キャンプ編

 
めざせキャンプの達人
 キャンプ場選び
 星空キャンプ
 
アウトドアクッキング

コーヒー編


 
コーヒー豆の種類
 パーコレーター
 コーヒーレシピ

 コーヒーダイエット

趣味編

 音楽とアウトドア
 読書な時間

遊び編


 かじか釣り

 
子供と一緒にアウトドア遊び

おすすめ編

 ウォーキングのすすめ
 おすすめ海中公園
 夏フェスのすすめ

ちょっとまじめに

 防災について


 LINK


 相互リンクについて


 プロフィール
TOP > アウトドアとコーヒーの休日
Copyright (C)  papatodo All Rights Reserved