コーヒーダイエット

アウトドアとコーヒーの休日

コーヒーダイエットのすすめ


コーヒーダイエット


コーヒーダイエットという言葉を良く耳にします。

コーヒー大好きな私は、ちっとも痩せません。

(ただ、好きで飲んでるだけでは痩せないのでしょうか??)


いろいろな種類のダイエットに挑戦している方は

少なくないと思いますが、どんなダイエットでも

正しい知識が必要です。

コーヒーダイエットについて理解してみましょう。



コーヒーダイエット


コーヒーダイエットについて理解しよう。




ダイエットとは・・・

1.食べる量を少なくして摂取カロリーを減らす

2.運動で体脂肪を燃やす


特に運動による脂肪燃焼効率を通常よりも上げられれば、

よりダイエットの近道になります。

このことが、コーヒーダイエットというわけです。


運動をする20〜30分前にコーヒー(ブラックの)を飲みます。

コーヒーを飲むことで、脂肪を燃えやすくして、

摂取カロリーも抑える事が出来るそうです。

コーヒーを飲むだけでは、ダイエット効果はあまり

期待できないそうですが、日頃からダイエットの為に、

運動をしている方には、試す価値があるかも知れません。


体脂肪を燃やすとは?

筋肉を使うと、体脂肪が分解されて血液の中に脂肪酸が溶け出します。

そして脂肪酸を使うには、まず脂肪を分解しなければなりません。

脂肪酸は、15分程度の運動をすると、血液中に出回り始めて、

脂肪酸を燃やして筋肉にエネルギーを与えます。

(15分以上続けられる運動をしないと、脂肪は燃えません。御注意)

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が効果的。

激しい運動は、脂肪酸ではなく、筋肉中のグリコーゲンを燃焼してしまって、脂肪は減りません。

脂肪を燃やす時に、コーヒー内の「カフェイン」が脂肪を分解する

酵素「リパーゼ」の働きを活性化させます。

<カフェインを取ると、脂肪の分解が促進されるわけです。>

コーヒーを飲むタイミングは、運動する30分くらい前がいいです。

カフェインの濃度が血液中で最大になるのは、飲んでからおよそ30分後くらいからです。

コーヒーを飲んだ後に血液中の脂肪酸の量を調べると、

水しか飲まなかった場合に比べて、2倍になるそうです。

それは、コーヒーを飲むことで(カフェインを取ること)、

脂肪燃焼率が2倍になるという事になりダイエット効果が期待出来る事になります。


注意!

ブラックコーヒーが◎ 

砂糖・ミルク入りコーヒーは、糖分などが入っているので×(NG)


復習


運動する30分前に、ブラックコーヒーを飲む

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を、15分以上する。

TOP>アウトドアとコーヒーの休日


キャンプ編


 
めざせキャンプの達人
 キャンプ場選び
 星空キャンプ
 アウトドアクッキング

コーヒー編


 
コーヒー豆の種類

 パーコレーター
 コーヒーレシピ
 
コーヒーダイエット

趣味編

 音楽とアウトドア

 読書な時間


遊び編

 かじか釣り
 子供と一緒にアウトドア遊び

おすすめ編

 ウォーキングのすすめ
 おすすめ海中公園
 夏フェスのすすめ

ちょっとまじめに


 防災について



 LINK


 相互リンクについて


 プロフィール
TOP > アウトドアとコーヒーの休日
Copyright (C)  papatodo All Rights Reserved