キャンプ場

アウトドアとコーヒーの休日

キャンプ場選び


キャンプ場選び


以外に気持ちいいキャンプ場を見つけるのは難しいものです。

キャンプ場選びのポイントは、自然が豊かで、風景がよく、そしてあまり混雑していない。。

私なりの穴場を見つけるヒントを紹介します。

・混雑する期間などは、有名どころ・注目エリアは避けるべし。

・キャンプ場ガイドばかりを当てにしない。

(とは言いながら最初は参考にしてます。)

・設備レベルが低くても、環境を優先すること。

「さがす」という努力も必要ですが、穴場を見つけたときの快感は最高!!




キャンプ場選びのポイント


・混雑する期間などは、有名どころ・注目エリアは避けるべし

キャンプ場としては、最高の場所・施設でも、人気がありすぎて
他人同士のテントとテントの隙間がせまいケースがありますが
周りを気にするあまり、せっかくのキャンプを楽しめないケースがあります。
もちろん、行きたくても予約が取れないなんてこともしばしば・・・

・キャンプ場ガイドばかりを当てにしない。

キャンプ場ガイドは、最初の資料としては最適だと思いますが、
実際に行ってみるのとは大違いの場合があります。
ホームページなどで、実際にキャンプにいった情報を
仕入れたり、ドライブがてらに、キャンプ場の下見に行くなり
それぞれ、工夫が必要かもしれません。

・設備レベルが低くても、環境を優先すること。

1・2泊程度であれば、施設や設備よりも環境を優先することをお勧めします。
近くに、民家が沢山あったり、交通量の多い道路沿いや線路の近くなど
出来るだけ避けたいものです。
家族で行くなら、子供たちが安心して遊べる環境も必要です。

「さがす」という努力も必要ですが、穴場を見つけたときの快感は最高!!




長期キャンプをするキャンプ場の選びは?

長期キャンプの場合、若干、穴場の考え方は異なります。

日数にもよりますが、施設レベルは高めの方がよいでしょう。

近くに温泉施設があれば◎です。


キャンプ場以外で

河原・湖畔・河岸など、一見、キャンプが出来そうな場所も沢山ありますが

基本的に、国立公園・自然保護区域などキャンプを行えない場所や

条例などで禁止されている場所も沢山あります。

河原などでは、比較的キャンプが可能な場所が多いですが、注意も必要です。

上流にダムが場合や水没しやすい場所でのキャンプには注意が必要です。

当然、天候にも注意。台風・大雨の可能性がある日は避けること。

・キャンプをする場所(テントを張る場所)は、出来るだけ川よりも高い位置にあること

・中洲など雨によって退避する道などをふさがれる可能性がある場所は避ける


個性的なキャンプ場も楽しいところが沢山あります。

いろいろさがしてみて下さい。




お気に入りのキャンプ場情報は、後日アップ予定です。
TOP>アウトドアとコーヒーの休日


キャンプ編

 めざせキャンプの達人
 キャンプ場選び
 星空キャンプ
 アウトドアクッキング

コーヒー編

 コーヒー豆の種類
 パーコレーター
 コーヒーレシピ
 コーヒーダイエット

趣味編


 音楽とアウトドア

 読書な時間


遊び編


 かじか釣り

 子供と一緒にアウトドア遊び


おすすめ編


 ウォーキングのすすめ
 おすすめ海中公園
 夏フェスのすすめ

ちょっとまじめに


 防災について



 LINK



 相互リンクについて



 プロフィール
TOP > アウトドアとコーヒーの休日
Copyright (C)  papatodo All Rights Reserved